本文へスキップ

ボストンメガネ研究会

時代は繰り返す。

時代の流れは、古きよきものを求めている。

そして、時代は未来になっていく。

未来へと繋がる伝統的なメガネ。

それが「ボストンメガネ」。

そして「ボストンンメガネ研究会」は発足しました。

ボストン型の眼鏡の特徴は、リムが逆おむすび型になっているところです。
どんな理由でこの名前がついたのか、はっきりとは分かっていませんがアメリカ東部の都市、ボストンで流行したからとする説があります。
ボストンは、ハーバード大学やマサチューセッツ大学があり、WASP(ワスプ)、つまり白人のアングロサクソンの清教徒の故郷のような町です。非常にエリート色が強く、知的なイメージがあります。
ボストンフレームをかけている人は、どこかの学校の教授に見えたりするところから、この名前がついたのかもしれません。
                                                             婦人画報社 「眼鏡」より


ボストンメガネは、その丸みを帯びた形がお顔の印象を柔らかくし、かつ知的な印象にもなります。

ボストンはボストンでもタイプ、カラーが違えばガラッと違う印象にもなります。

ボストンで、自分をどう演出するか。

定番の黒のセルボストンで、スタンダードに決めるのもよし。

茶系のカラーで、落ち着いた雰囲気になるのもよし。

こだわりのあるセル巻ボストンで粋にきめるのもよし。

キレイなカラーで可愛い感じにするのもよし。

とにかく、ボストンから目が離せない。

また、ボストン型は、どれも玉型で天地サイズが30mmを越えるので、遠近両用などの累進レンズを入れる
のにも適したフレームなのです。

ボストンメガネのご相談は、お気軽にボストンメガネ研究会のお店にどうぞ。

ボストンメガネオリジナル商品情報

「マクシミル」はフレンチボストンの進化をテーマにしてデザイン。
累進レンズにも対応するボストンウスカルフレームです

「マクシミル」

玉型は 42□24 です。

詳しくは『こちら

北欧テイストを意識したデザインしたスタイリッシュなボストンセルフレーム。
「クリムゼル」の登場です。

「クリムゼル」

玉型は 43□22 です。


詳しくは『こちら

小さめのセルのボストンラッドベルが完成しました。

「ラッドベル」

玉型は小さめの 42□22 です。

詳しくは『こちら

オリジナルセルフレーム、

「ボストノス」

玉型は大きめの 54□18 です。
フロント総横幅は、145ミリです。

詳しくは『こちら

■近視手術をお考えのかたへ安全性や後遺症についての資料を集めたサイトです。
       ▼
近視手術の 後遺症対策研究会

〜トピックス〜

本会会員が運営する「日本眼鏡教育研究所」が全国の眼鏡技術者向けの
技術教本を出版しました。

岡本隆博著
『眼鏡処方の実際手法』
こちらをクリック→日本眼鏡教育研究所の本


「隠れ斜視について」


news

2011年7月22日
ボストンメガネ研究会発足しました。

shop info店舗情報

ボストンメガネ研究会