本文へスキップ

ボストン眼鏡

Boston

ボストンメガネとは

ボストンメガネとは、玉型(リムの形状)が丸みを帯びた逆三角形で、おむすびが逆になったようなメガネをいいます。



どんな理由でこの名前がついたのか、はっきりとは分かっていませんがアメリカ東部の都市、ボストンで流行したからとする説があります。
ボストンは、ハーバード大学やマサチューセッツ大学があり、WASP(ワスプ)、つまり白人のアングロサクソンの清教徒の故郷のような町です。非常にエリート色が強く、知的なイメージがあります。
ボストンフレームをかけている人は、どこかの学校の教授に見えたりするところから、この名前がついたのかもしれません。
                                                             婦人画報社 「眼鏡」より



伝陽的なボストンは、俳優、ミュージシャン、映画監督、など多くの著名人にも愛用者が少なくありません。

エリック・クラプトンも愛用者の一人です。



ボストンは雰囲気のいい大人に見せる効果があるし、大人を大人らしく醸しだす効果もあります。

ボストンをアクセサリーの一部と考えて、女の子がオシャレに掛けこなすのもありです。

ボストンは、奥深さもあり、楽しみが広がるメガネです。

さて、そんなボストンをどう掛けこなすか(どう楽しむか)・・・・。

それは、あなた次第・・・・。ボストンにきまったルールなどはありません。
また、ボストンはルールに当てはめるメガネではありません。自由に好きなボストンを掛けていただければいいのです。

ただし、PD(瞳孔間距離)とお顔の大きさに注意して、ボストンをお選びください。

PDが広いかたが小さいボストンを掛けたら、眼がすごく外側(耳側)に寄って見えます。
外側に寄って見える状態は、見た目に焦点が定まらないような不自然な印象になります。
これはちょっとマズイです・・・・。



自由なボストンは、ビジネスでもプライベートでも、さまざまなシーンに溶け込んでいきます。

スーツにセルボストンでもいいし、カジュアルウエアにメタルボストンを持ってきてもかまいません。

視野の広いボストンはスポーツにも向いているし、遠近両用レンズを入れるのにも好都合です。

とにかく、ボストンは掛ける勇気も必要としない、気楽に知的な雰囲気が味わえるフレームです。


ボストンメガネのことなら、ボストンメガネを揃えている「ボストンメガネ研究会」の会員店にご相談ください。


     
ボストンの世界へ・・・・あなたも。  


d.