本文へスキップ

ウエリントン眼鏡

WELLINGTON


ウエリントンメガネをどう活用するか・・・・。

ウエリントメガネを愛する人たちのために、「ウエリントンメガネ研究会」は発足しました。

ウエリントンメガネは、男らしく見えたり、知的に見えたりします。
しかし、一歩間違えれば、野暮ったい感じにもなります。
ですから、上手に掛けこなすことがウエリントンメガネには要求されるのです。

上手に掛けこなすには、ウエリントンのデザイン、カラー、サイズが自分にマッチしているかどうかが肝心です。

ウエリントンは「黒にするか、黒以外の色にするか」、「スタイルは伝統的なものにするか、現代的なものにするか」・・・・。これも悩むところです。
ビジネスには黒、プライベートには黒以外の色と使い分けるのもいい方法です。

大きめのウエリントンをオシャレに掛けるのも悪くありません。

ウエリントンメガネのご相談は、お気軽にウエリントンメガネ研究会のお店にどうぞ。

 ■ウエリントンメガネ研究会オリジナルフレーム 
  「ロックヒルズ」 
エッジの立ったマユを持つクラシカルなスタイルのセルフレーム、その名も「ロックヒルズ」が登場しました。

ロックヒルズは、これまでに出した
ステイトメントUと近い雰囲気を持っています。

サイズ設定は、59□18 で、レンズの縦寸が 34 mm ありますので、累進レンズも使えます。


詳しくは『こちら
 
   「マスキス」 

横に広いウェリントン型、最先端デザインのマスキスが完成しました。玉型は大きいメガネとしては控えめのサイズ感の
55□18 です。
しかし実際にかけてみるとけっこうな大きさを感じるはず。
フロント総横幅は、146ミリです。


詳しくは『こちら
 
  「ジルニス」 

小顔の人のためのウスカルセルフレームのクラシック・タイプ。
その名も「ジルニス」が完成してきました。
角ばったアメリカンクラシックなテイストの形状ではありますが、ところどころに曲線を効かせて、小顔の人に向く雰囲気を醸し出すように工夫をしています。


詳しくは『こちら
 
  「マンハイム」 
このマンハイムは、フレンチスタイルのスクエアフレームを基本のイメージとして持ちながらも、次世代に適応するための新たなる進化を遂げています。

中央部のブリッジ部分をフラット加工にして、無機質な曲線の魅力を引き出し、両サイドには適度なボリュームを持たせてアートなスタイルを表現しています。


詳しくは『こちら
 
 「ウエストン」 

限定生産の古典派ウエリントン型のセルフレーム。
その名も「ウエストン」。

やや古典的でオーソドックスなウエリントン型のメガネです。

皆様からのご要望にお応えして、再びリリースしました。
古典派クラシックの、セルフレームの魅力がたっぷりです。


詳しくは『こちら
 
  「クロービスU」 

クロービスUは、ウエリントンフレームでは珍しいウスカルサイズです。


玉型サイズは 43□23 で、フロント総横幅は、130ミリです。


詳しくは『こちら
 
  「デクスターU」 

フレームのフォルムはアメリカンを基調とし、「スポーティーなスクエア・ウエリントン型」を意識して製作しました。

サイズは、58□17 なので、お顔のやや大きめの人にとって心強いサイズ。



詳しくは『こちら
 
  「ステイトメントU」 
大きいメガネの、オリジナルセルフレームの自信作、
ステイトメントUが完成しました。


型はウエリントン型と呼ばれるメガネの伝統的なスタイルになっていますが、スクエア(四角形)の印象が強いです。



詳しくは『こちら
 
    「デクスター」 


非常に大きいサイズのセルフレームで、現代的なウエリントンのスタイリッシュなメガネ。

その名もデクスターが誕生しました。




詳しくは『こちら
 
   「クロービス」 

クロービスは、ウエリントンフレームでは珍しいウスカルサイズです。


玉型サイズは 43□23 で、フロント総横幅は、130ミリです。




詳しくは『こちら
 
    「デンバー」 

横に広いウェリントン型のデンバーとは、


限定生産のオリジナルセルフレーム、デンバーが完成しました。

玉型は大きめの 56□16 です。

フロント総横幅は、145ミリですので、顔幅がやや広めのかたに似合います。




詳しくは『こちら
 
  「ダンケルク」 

ドイツ風のかっちりしたドレッシーなものを
イメージして、

スーツや厚手のジャケットにも合わせやすい、
ボリューム感を持たせたモデルです。





詳しくは『こちら


 
 「ドレスデン」 

ウェリントンはウェリントンでも、フランス風の懐古調のスタイルのものをモデルとしました。

知的な魅力を醸し出す、不思議なセルフレーム。
巧みなウエリントン使いで、インテリ顔に・・・・。




詳しくは『こちら




 
「アーヴィング」


 伝統的なアンティークスタイルのウエリントンフレーム。
アメリカの昔を語るフレームシェイプを持つモデル。

それが「アーヴィング」です。





詳しくは『こちら
 
 「レジストル」

レンズサイズは 58□16 と、やや大きめサイズですが、フレームのサイド部分を伸びやかに設計したため、全体的なかなりの大型サイズに仕上がっています。

現代的なウエリントンフレーム。

それがレジストルです


詳しくは『こちら
 



2011年7月18日
ウエリントンメガネ研究会発足。

■近視手術をお考えのかたへ
安全性や後遺症についての
資料を集めたサイトです。
       ▼
近視手術の 後遺症対策研究会

Topics
 
鼻にパッドの跡が残らない
 浮きメガネができました。



浮きメガネ研究会

〜トピックス〜
本会会員が運営する
「日本眼鏡教育研究所」が全国の眼鏡技術者向けの技術教本を出版しました。


岡本隆博著
『眼鏡処方の実際手法』
こちらをクリック→日本眼鏡教育研究所の本