Welcome to our website, Thank you for your access.
HOME 加盟店案内 リンク 会員募集

丸面取りとは
メガネのレンズには、大きく分けて、
凸(プラス)レンズ

凹(マイナス)レンズがあります。

プラスレンズについては丸面取りはほとんど関係がないので、ここではマイナスレンズについて説明をします。

マイナスレンズを枠に収まるように削りますと、断面図としては下記のA1、B1、C1 のようになります。
(細部がわかりやすいように、右に一部を拡大して描いてあります)
    
   A1
   →
   B1
    
   C1
このままですと、矢印の部分が尖ったままですので、ここに物が当たりますと、ここが欠けてしまうことがありましし、指や顔の皮膚などが触れても痛くて具合が悪いわけです。
ひどい場合には、レンズの下の端のカドが頬の皮膚に当たって、そこが赤くはれている(切れている)、なんていう例もあったくらいです。

そこで、面取りと言って、この尖った部分のカドを少し落とすような削りを加えます。

それがなされたものが、A2、B2、C2です。 
自動玉摺機で機会による自動面取りをした場合や、手で普通に面取りをすると、このような形になります。 
    
  A2
   →
  B2
    
  C2
A1A2にした面取りなら、まあ、この状態でも大丈夫なのですが、ところが、B1、C1の場合には、このカドの尖りが元々強かったので、このようにB2、C2のような一つの角度による面取りでは十分ではなく、これだとまだけっこう尖ったカドが2つ残っていますから、やはり、ここに物が当たると欠けが生じる恐れが大きいのです。

それでは面取りの本来の目的を達成できません。

そうかと言って、B3やC3のように、幅の広い面取りをしますと、確かにレンズ面に近いカドの尖りかたは多少ましになりますが、メガネを正面から見ると、面取り部分が白く全反射して見えて、たいへん不細工な厚み感の強いメガネになってしまいます。
   →
  B3
    
  C3
それで、B1、C1の場合には、B4やC4のように、丸面取りと言って、
カドを小さく「丸く」落とす面取りを施しますと、ものが当たっても大丈夫、
という面取り本来の役目を果たしながら、しかも目立たない、まことに好ましい面取りとなります。
   →
  B4
    
  C4
B1やC1の場合に、B4やC4の「好ましい丸面取り」を実施している店は少ないのですが、この超うれしいメガネ研究会の店では、メガネのレンズには必要に応じて丸面取りをして、物理的にも美観的にも望ましい、すなわち、欠けにくくて目立たない、エッジの仕上げをしているのです。

なお、この丸面取りについては、既に30年近く前に、当研究会の元代表である岡本隆博氏が、同氏の著書『よくわかる眼鏡講座』において、その利点や必要性を説明したのですが、技術的な難しさや手間がかかるために、実際に行なっている店は非常に少ないのが実情なのです。
ページのTOPへ
矢印 HOME
Copyright(C) 2008 NGKOPT All Rights Reserved.

 

 
ご案内
このサイトは
眼鏡技術向上研究会

会員により
運営されています。