Welcome to our website, Thank you for your access.
HOME 加盟店案内 リンク 会員募集

レンズのヒズミについて

いまのメガネには、一部の強度近視などを除いて、ほとんどの場合にはプラスチックレンズが使われています。
プラスチックレンズは弾力性があるので、普通のフルリムのフレームに入れますと、多かれ少なかれヒズミが出ます。

ハーフリムやふちなしの場合には、強いヒズミは出ませんのであまり心配はないのですが、プラスチック枠でもチタンなどのメタル枠でも、レンズのぐるり全周をリムで囲んでいるものにプラスチックレンズを入れると、どうしてもヒズミが出ます。

そして、その程度や、ヒズミが出ている場所(広さ)によっては、ヒズミのせいで見え方に違和感を覚えることが、ときどきあります。
その実例は、下記の記事にも書かれています。

http://www.optnet.org/namanokoe/kakou.html

ところが、実際に店にヒズミ計を備えて、加工のときにヒズミをチェックして、どのメガネの場合も実害のない程度のヒズミにとどめた加工をしているメガネ店はさほど多くはないのです。

自店の大事なお客さまのことを思えば、それで当たり前だと思うのですが、認識の浅さにより、ヒズミチェックをしていない(ヒズミ計を店に備えていない)店が多いのが実情なのです。

安売り宣伝をしていない店でもヒズミのチェックをしているところは少ないでしょうが、価格訴求を激しく行なっている店ほど、加工にはあまり時間をかけていないようですので、ヒズミのチェックをしている店は、より少ないと思います。
(ヒズミのチエックをすると、レンズ加工のときに、追い摺りの回数が増えます)

ただし、すべての価格訴求店がヒズミチェックを怠っている、という主張ではありませんので、誤解のないようにお願いします。

そういう現状の中で、この「超うれしいメガネ研究会」の会員技術者は、お客さまに気持ちよく見えるメガネを使っていただくために、レンズ加工のときには、必ずヒズミをチェックして、ヒズミによる悪影響が出ないようにしています。
 
■ヒズミが強く出ていて見え方に悪影響を及ぼすおそれが大きい。

レンズの枠入れ加工においてヒズミ計でチェックしないと、
こういう結果になることがよくあります。

■ヒズミが、見え方に影響の出ない程度の最小限のものですむようにサイズを調整して出来上がったメガネです。
ページのTOPへ  
矢印 HOME

Copyright(C) 2008 NGKOPT All Rights Reserved.

 

 
ご案内
このサイトは

眼鏡技術向上研究会
会員により
運営されています。